ブルーライトQ&A

Q. ブルーライトはどのような方に適していますか?
A. 炎症性のニキビがひどく、抗生物質等の薬物治療で効果を得られなかった方、敏感肌でケミカルピーリングやCO2レーザーなどの治療に不安な方に適しています。また従来の治療と併せて効果を高めたい方にもおすすめします。

Q. だれにでも効果があるのでしょうか?
A. ブルーライトは、ニキビ菌が炎症の原因となっている赤いニキビには有効ですが、毛孔の黒ずみやニキビ菌による炎症を起こしていないニキビやニキビ菌以外の菌によるものには有効ではありません。

Q. 治療は長くかかるのでしょうか?
A. 一定期間治療しても、ニキビは100%改善されるわけではありません。治療終了後はニキビができにくいお肌になりますが、完全にできなくなるわけではありません。間隔をあけて定期的な治療が必要なことがあります。

Q. ブルーライトのニキビ治療は誰でも受けることができますか?
A. 血液疾患のある方や光線過敏症のある方、連日アルコールを大量に飲む方、キノロン系抗生物質を内服している方は受けることができません。

Q. 色素沈着などが残りことはあるのでしょうか?
A. 照射中、および照射後に赤みや軽い色素沈着が生じる場合がありますが、1週間〜1ヶ月で改善します。

Q. ブルーライトを受ける前に注意することはありますか?
A. 治療の前後はあまり日焼けをしないようにしてください。また、施術当日、前日の顔剃りはしないようしてください。施術の際はファンデーションや日焼け止めせず基礎化粧のみにしてください。