ニキビの原因と仕組み

ニキビの原因は毛穴のニキビ菌

ニキビの原因の多くは、毛穴のニキビ菌によるものです。ニキビ菌は、別名、アクネ菌といい、誰の毛穴の中にも生息しており、普段は正常な皮脂作りにかかせない菌です。

ニキビ菌は食事内容や生活環境、ストレスで脂が酸化すると、活発化し、遊離脂肪酸という腐った脂を生産しだします。その脂が炎症や化膿の原因になります。

ニキビの主な原因はとなる皮脂ですが、成人のニキビは新陳代謝が滞り、残ってしまった古い角質や化粧品などが毛穴にたまり、炎症を起こしている場合があります。

化膿したニキビにはニキビ菌が繁殖

ニキビが発症すると、ニキビ菌が増殖しやすい肌状態となり、化膿や炎症が起こることになります。殺菌効果のあるニキビ薬を塗布すれば化膿や炎症は治まりますが、ニキビの発症が止まるわけではありません。

ニキビ菌が増殖して炎症が続くと、隣の毛穴もニキビが発症しやすい状態となり、ニキビが広がってしまいます。

化膿したニキビはニキビ跡を形成

アクネ菌などは化膿や炎症を進行させます。症状が治まった後は、ニキビ跡の赤みが残ったり、肌がニキビ跡になってしまう場合があります。

アメリカのFDA(日本の厚生労働省)に認可された本格的な家庭用ブルーライトが税込み3万円以下で発売されました。↓