ニキビ跡の種類 気になる「クレーター」

ニキビが気になる女性

ニキビ跡の状態の種類の中に「クレーター」と呼ばれている状態があります。なってしまっている方には、耳を塞ぎたくなります単語ですね。

この状態は、ニキビによって、月の表面にあるクレーターに似た、凸凹した状態になってしまったことを表しています。

クレーター状態のニキビ跡を残してしまうのは、お肌に出来てしまったニキビの状態がひどい場合に多いと言われています。

具体的に言うと、ひどく炎症を起こして痛みを伴って赤く腫れ上がったり、膿を持つようなニキビが該当します。

このようなひどい状態のニキビは、お肌の表面だけのトラブルだけではなく、肌の再生に深く関係している角質層の奥の奥にある「真皮」という部分にもトラブルを抱えてしまっています。 そのため、クレーター上の深いニキビ跡となってしまうのです。

このことから分かるように、一度出来たクレーター上のニキビ跡は、お肌に傷を作った状態になってしまうため、日頃のケアでどんなに努力しても、完全に回復することは困難です。

そこで重要になるのが、出来てしまったニキビを初期の段階で食い止め、悪化させないことです。 初期段階での処置としては、一般に市販されている市販薬などを用いることも有効です。

悪化させないための対応としては、洗顔などによって、お肌を清潔に保つように心がけます。 ただし、過剰な洗顔はニキビに刺激を与え、逆に悪化させることがありますので、やさしく洗顔するようにしましょう。

また、出来てしまったニキビに触れることも避けましょう。 手指は、細菌が付着しやすい場所です。 無意識に触っていると、細菌が付着し、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

>> コラム集目次に戻る

アメリカのFDA(日本の厚生労働省)に認可された本格的な家庭用ブルーライトが税込み3万円以下で発売されました。↓