ニキビ跡とホルモンの関係

ニキビが気になる女性

ニキビやニキビ跡で悩みを持っている方も多いことでしょう。 特に女性の場合、そのせいでお化粧の仕上がりも違ってきますし、毎日鏡で自分の顔を見るたびにため息をついてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニキビと深く関係しているともので、皆さんも良くご存じなのが「ホルモンバランス」ですが、ニキビ跡にも深く関係していることをご存じでしょうか。

ブルーライトでニキビケアをしながら、ホルモンバランスについても十分認識する必要がありそうです。

ニキビやニキビ跡と関係しているホルモンとして、女性ホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」が挙げられます。

これらのホルモンは、女性特有の月経周期によって分泌を繰り返しているもので、それぞれ違った働きを持っています。

まずプロゲステロンの場合、ニキビ跡の原因となるニキビを作ってしまう働きを持っています。 月経周期の中では、黄体期と呼ばれる排卵から月経が起こるまでの時期にこのプロゲステロンが多く分泌されるため、ニキビ跡を残さないために、ニキビを作らないようなケアが大切です。

一方エストロゲンの働きはというと、プロゲステロンとは異なり、お肌の調子を整えてくれる働きを持っています。

お肌が潤い、トラブルが改善しやすい時期となりますから、その作用が向上するようなケアを心がけるようにしましょう。

ニキビやニキビ跡の改善方法として、エストロゲンの働きを利用したものもあります。 エストロゲンが配合された塗り薬を塗りこむことで、ニキビ予防ができるといった方法です。 ニキビが出来やすい方は、ニキビ跡が残る確率も高くなりますから、こういった方法で対処されるのもいいのではないでしょうか。

>> コラム集目次に戻る