ニキビ跡治療で「ヒアルロン酸注射」を使う

ニキビが気になる女性

ヒアルロン酸注射というと、シワやたるみなどの治療として有名ですが、ニキビ跡の治療としても用いられています。

ヒアルロン酸は、皆さんもご存じのように、元々体内で作られる物質ではありますが、加齢に伴い減少していってしまいます。

それを補うことで、お肌を美しく保つことが可能であると言われていて、近年、お肌を美しく保つために欠かせない成分として注目されています。

ヒアルロン酸が配合された化粧品や、ヒアルロン酸を補うためのサプリメントなど、数多くの商品が登場していますから、女性にとってヒアルロン酸は、とても身近な存在になってきています。

そんなヒアルロン酸を使ったニキビ跡治療は、お肌が凸凹してしまったような状態のニキビ跡にヒアルロン酸を注入するという治療方法です。

シワやたるみと同じように、凸凹してしまった部分にヒアルロン酸を注入することで、お肌に張りを蘇らせ、凸凹したニキビ跡を目立たなくすることが出来ます。

ヒアルロン酸のニキビ跡治療の特徴としては、効果の持続性に限界があることが挙げられます。

注入したヒアルロン酸は、時間をかけて体内に吸収されてしまうため、施術の効果が一生続くと言うものではありません。

持続期間は人によっても様々ですが、だいたい数カ月と言われていて、長い人でも1年程度で元の状態に戻ってしまうそうです。

このようなことから、特別な日の前だけといった期間限定で、ニキビ跡の治療として取り組まれる方も少なくないようです。

>> コラム集目次に戻る