乾燥肌がニキビ跡の原因になるケース

ニキビが気になる女性

ニキビ跡が残ってしまう原因で、多くの方が思い浮かべるのが、出来てしまったニキビの処置方法が誤っていた場合ではないでしょうか。

確かにそれも間違いではありません。しかし意外なところで「乾燥肌」というものがニキビ跡を残す原因となっていることをご存じでしょうか。

私達のお肌は、正常な状態にある場合、水分と油分がそれぞれ適度な状態で保たれています。 この状態が保たれている場合、お肌のトラブルもなく非常に調子のいい状態になります。

しかし、気温の変化や外気から受ける影響によって、お肌の水分が減少すると、正常な状態であったお肌の水分が失われて「乾燥」という状態を作ってしまいます。

乾燥したお肌は、外からの刺激を守ろうとするバリア機能が低下してしまいます。 また、乾燥を補おうとして、皮脂の分泌が活発になるため、刺激を受けやすく、毛穴を詰まらせやすい状態になっていまします。

この状態は、ニキビ跡の原因となるニキビが出来やすい状態になってしまいますので、ニキビやニキビ跡を防ぐためには、お肌を乾燥させないことが大切なのです。

体質的に乾燥肌だと言う方も少なくないのですが、いつもは正常なバランスを保てている方でも、暖房や冷房で使用するエアコンなどの影響により、お肌が乾燥します。

特に暑い時期には、水分の油分のバランスが崩れやすい時期になりますので、保湿を心がけるようにしましょう。

多くの方は寒い時期に念入りに保湿に取り組むようですが、ニキビやニキビ跡を作らないためには、季節を問わず保湿を心がけることで、トラブルのないお肌を手に入れる事ができますよ。

>> コラム集目次に戻る

アメリカのFDA(日本の厚生労働省)に認可された本格的な家庭用ブルーライトが税込み3万円以下で発売されました。↓