大人のニキビはニキビ跡に注意

ニキビが気になる女性

ニキビ跡の原因となってしまうニキビは青春のシンボルと言われるように、思春期の方々に多く見られるものです。しかし、その悩みは若い世代の方だけではありません。

大人世代の方の中には、思春期の方々と同じようにニキビに悩んでいる方も少なくありません。「大人のニキビ」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。本来であれば大人になると、思春期の頃に活発になるホルモンの分泌が安定してくるため、ニキビも出来にくくなり、ニキビ跡も自然と回復していきます。

しかし、生活のリズムや食生活の乱れ、ストレスなど様々な要因によって、ホルモン状態が崩れると、大人の方でも慢性的なニキビに悩まされてしまうのです。ブルーライトは思春期のニキビも大人のニキビの両方に効果を発揮しますが、慢性化し繰り返す大人のニキビは、ニキビ跡を残す大きな原因となりますので、ブルーライトの使用もできるだけ早期に始めていただきたいと思います。

同じ場所に繰り返し出てしまうニキビは、常にその部分の皮膚に炎症がある状態になってしまいますから、特に注意が必要です。ニキビ跡の残りやすい大人のニキビを解消するためには、ニキビを根本から退治することが重要です。

もちろん、出来てしまったニキビに対する適切な処置も怠ってはいけません。偏った食生活をしていないか、夜更かしすることが多かったり、生活のリズムが不規則になっていないかなど見直してみましょう。

こういった内容を改善することで、大人のニキビが出来にくい体質に変えていくことができます。ただし、すぐに改善効果が表れるものではありませんから、数ヶ月単位で考えて取り組むようにしましょう。

>> コラム集目次に戻る