ニキビ跡のケアは洗顔が大切

ニキビが気になる女性

生ニキビのケアにはブルーライトがなんと言ってもおすすめですが、ニキビ跡のケアとなるとなかなか難しい面もあり様々な方法やアイテムが考えられますが、お肌のお手入れの基本である「洗顔」を見直してみませんか。

洗顔は簡単なようで、意外と奥が深いもので、今行っている洗顔方法を見直してみると意外に間違った方法で行っている方が多いものなのです。

ニキビ跡の原因となるニキビを予防したり、ニキビ跡を残さないための洗顔方法のポイントは、洗顔を2段階に分けて行うということです。

まず初めは、お肌に付着した汚れなどの余計なものを取り除く事が出来る「クレンジング」での洗顔です。

女性の場合、毎日メイクをしますから、ファンデーションやアイシャドウ、頬紅などをしっかり落とすようにしましょう。メイクをしない日でも、ホコリなどの汚れがお肌に付着しますから、同様に行います。

ここでは毛穴に入った汚れをしっかり落とすことが大切なので、クレンジングの前に蒸しタオルなどを利用して毛穴を開くようにしてから行うと、より効果があります。

クレンジングによってお肌の汚れを落としたら、ニキビ跡を残さない清潔なお肌にするための洗顔を行います。

この時、油分や水分が必要以上に奪われてしまわないように、お肌に優しい洗顔料を選ぶことが大切です。

また、洗顔の際に手指でゴシゴシ洗うのは、デリケートな状態になっているニキビやニキビ跡に強い刺激を与えてしまいます。

洗顔する時は、洗顔料をしっかり泡立てて、出来上がった泡でお肌を包み込みようにして洗顔するようにしましょう。

>> コラム集目次に戻る

アメリカのFDA(日本の厚生労働省)に認可された本格的な家庭用ブルーライトが税込み3万円以下で発売されました。↓