ニキビ対策の基本的な考え方

ニキビは、皮膚の炎症性疾患の一種で、ニキビ菌は人の皮膚にもともと存在しています。普段は問題を起こしませんが、毛穴に皮脂が詰まると皮脂を好むニキビ菌が増殖し、ニキビが炎症を起こして悪化します。

ニキビができる過程は、まず毛穴に皮脂や角質が詰まってふくらんできます。これに細菌などが関わって炎症を起こします。肌が脂でギトギトしている方は、いつも皮膚表面の余分な脂分を取り除くようにすれば改善されます。

ちなみに筆者は、油取り紙をまめに使うことで、ニキビの発症を大幅に改善した経験があります。

しかし洗顔は回数や洗い方、使う石けんによっては悪影響を与える場合もあります。また、化粧品やクリーム類で皮脂の通り道をふさいでしまうこともあります。

皮脂の通り道がふさがれてしまうと、毛穴にいる細菌がリパーゼという分解酵素を出します。リパーゼは皮脂に含まれるトリグリセライドを分解し、遊離脂肪酸がつくられることになり、その影響で毛穴が狭くなり、皮脂が詰まってしまいます。

そうなると毛穴の中で細菌が増殖して感染を起こし毛包炎となり、傷跡として色が残ったり、瘢痕となってしまいます。このような状態になる前に毛穴の皮脂の通り道をふさがないようにすること、つまり適切な方法で余分な脂分を取り除く予防が大切です。

アメリカのFDA(日本の厚生労働省)に認可された本格的な家庭用ブルーライトが税込み3万円以下で発売されました。↓